風況コンサルティング

風力発電のための「観測」と「推定」を複合的に用いた最適な風況調査を実施いたします。

What We Do

NEWS

【発表】海洋波および大気海洋相互作用に関するワークショップ

Feb 21, 2024 

2024年3月11日、12日に開催される「海洋波および大気海洋相互作用に関するワークショップ」(宇宙地球環境研究所主催)において、弊社取締役の見﨑が発表いたします。

【コラム】キンデルダイク-エルスハウトの風車群とその歴史

Feb 08, 2024 

Rera Tech Column Vol.13「キンデルダイク-エルスハウトの風車群とその歴史」を公開しました。

【講師登壇】Nagasaki Ocean Academy(NOA)

Feb 02, 2024 

弊社代表の小長谷、取締役の水戸と見﨑が、2024年3月26、27、(28)日に実施されるNagasaki Ocean Academy(NOA)の「風況海象観測・解析と発電量予測コース」において講師を務めます。

【イベント登壇】神戸大学発スタートアップの魅力とビジネスチャンス

Jan 18, 2024 

弊社代表の小長谷が、2024年2月28日に開催される「第6回KCCI Startup Pitch &Meet 神戸大学発スタートアップの魅力とビジネスチャンス」(神戸商工会議所主催)に登壇します。

About us image

レラテックで100年先も住みたい地球を
一緒につくりませんか

レラテックでは同じ志で一緒に働ける人を募集しています。
メンバーに風力業界やレラテックでの仕事について語ってもらいました。

前編はこちら

創業ストーリー

国内唯一の洋上風力に特化した「レラテック」が提供する価値

前編はこちら
About us image
About us image

レラテック コラム

新コーナー設立!
レラテックの代表からメンバーまで各々の風力発電に関する所見をお届けいたします。

コラムを読む

風力業界の未来を語る

レラテックの小長谷と水戸がFOMアカデミーを訪問し、運営する一般社団法人ふくしま風力O&M (Operation & Maintenance) アソシエーションの菅野辰典さんと吉田敏光さんにお話を伺いました。

福島に誕生したFOMアカデミーの挑戦

記事を読む

FOMアカデミーが人材育成に賭ける理由

記事を読む

再エネ先進国デンマークに学ぶ。
日本の洋上風力発電の未来

洋上風力発電分野のトップランナーとして、世界の国々をけん引するデンマーク。デンマーク大使館の商務官(環境・エネルギー担当)である田中いずみさんとレラテックのメンバーが、日本の洋上風力発電の未来について語り合いました。

前編はこちら
About us image
About us image

技術顧問と語る

洋上風力発電の研究から
社会実装への道のり

レラテック創業メンバーの大学院時代の恩師であり、現在の技術顧問である大澤輝夫先生(神戸大学大学院海事科学研究科教授)と、洋上風力発電のこれまでとこれからを語りあう本特集。洋上風力発電において、レラテックや大学の果たす役割について話しました。

前編はこちら

レラテックのノウハウ

技術Note

Wind EUROPE 2023 European offshore wind trends (Part 2)

Wind EUROPE 2023 where research and technology related to European wind power have come together. In the first half, we mentioned the status of symposiums and posters, but in the second half, we will introduce the exhibition and the trend of European wind power that can be seen from it.

Wind EUROPE 2023 European offshore wind trends (Part 1)

An annual event of Wind Europe, an association that promotes the use of European wind power generation, was also held in 2023. Corona was also held online, but in 2023 was a face -to -face format. It was held in Copenhagen, Denmark for three days from April 25 to 27. Konagaya and Nakazato participate from Relatech. Konagaya is the first time in eight years, and Nakazato is the first Copenhagen. In this technology note, the points of Wind EUROPE 2023, which Relatech noticed, will be reported in the first part and the second part.

How do you evaluate the accuracy of the air conditioning data measured with a remote sensing device? ~ Accuracy verification depending on the regression coefficient and determined coefficient-

1. In the first place, in the case of wind development, the use of remote sensing equipment represented by Doppler Lidar has rapidly expanded in order to obtain the style of a site that is difficult to observe in observation masts. Masu.

Point explanation! NEDO “Offshore Wind Observation Guidebook” Part 2

In April 2023, the New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO), a national research and development agency, will conduct Japan's firstOffshore wind condition observation guidebook' has been published. This guidebook specifically summarizes the information necessary for wind condition surveys, which are essential for offshore wind power plant business planning and wind turbine design. Relatec will explain the key points from the perspective of a wind condition consultant so that everyone can make effective use of the system.

オフィス所在地

本社(Head Office)

〒658-0022 神戸市東灘区深江南町5-1-1 (神戸大学キャンパス内)

東京支社(Tokyo Office)

〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2−3 鈴和ビル3階A室