Technical Advisor: Teruo Osawa


京都大学大学院理学研究科にて博士(理学)を取得した後、岐阜大学から神戸大学を経て、2018年から同大学大学院海事科学研究科の教授に就任(現職)。NEDOの「洋上風況観測システム実証研究(洋上風況マップ)事業」や「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(洋上風況調査手法の確立)」における研究開発責任者をはじめとして、国内外の数多くの研究開発プロジェクトに参画しており、洋上風力開発のための気象シミュレーション研究の第一人者として国内市場をリードしている。

経歴

  • 2000:京都大学大学院 博士(理学)
  • 2004〜2005:岐阜大学 助手
  • 2005〜2007:神戸大学 助教授(2007〜2018:准教授)
  • 2018〜:神戸大学 教授 (神戸大学教員紹介ページはこちら)

主な業務経験

  • NEDO委託研究 (代表)「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(洋上風況調査手法の確立)」
  • NEDO委託研究 (代表)「洋上風力発電等技術研究開発/洋上風況観測システム実証研究(洋上風況マップ)」
  • 科学技術振興機構A-STEP(代表)「日本沿岸での実使用に耐える高精度沿岸海上風シミュレーターWRF-CWの構築
  • 文部科学省科学研究費 基盤研究B(代表「バンカビリティ評価に使用可能な信頼できる洋上風況精査手法の確立」
  • NEDO委託研究(代表)「洋上風力発電等技術研究開発/洋上風況観測システム実証研究(洋上風況マップ)」
  • 欧州宇宙機関 プロジェクト研究(代表)「Offshore wind resource assessments using SAR and MM5 over Japanese coastal wasters」
  • 文部科学省科学研究費 若手研究A(代表)「洋上風力発電に関わる気象研究拠点としての風況モニタリングステーションの開発」

主な研究発表等

  • 圓尾太朗, 大澤輝夫, 井上実, 大西健二, 上原謙太郎, 久野勇太, 小玉亮, 沿岸陸上観測値からの沖合風鏡推定に関する研究, 第42回風力エネルギー利用シンポジウム予稿集, 2020, pp.96-99.
  • 嶋谷祐馬, 大澤輝夫, 嶋田進, 竹山優子, 中山聡志, WRFによる洋上での大気安定度再現性の評価, 第42回風力エネルギー利用シンポジウム予稿集, 2020, pp.100-103.
  • 内山将吾, 大澤輝夫, 荒木龍蔵, 上田裕洋, 高祖研一, 畦地啓太, WRF-LES とスキャニングライダーを組み合わせた洋上風況調査手法, 日本風力エネルギー学会論文集, 43(4), 2020, pp.70-78.
  • Yuko Takeyama, Teruo Ohsawa, Jun Tanemoto, Susumu Shimada, Katsutoshi Kozai, A comparison between advanced scatterometer and weather research and forecasting wind speeds for the Japanese offshore wind resource map, Wind Energy (Early View), 2020, pp.1-14.
  • Takeshi Misaki, Teruo Ohsawa, Susumu Shimada, Yuko Takeyama, Satoshi Nakamura, Accuracy Comparison of coastal wind speeds between WRF simulations using different input datasets in Japan, Energies, 2019, 12(4), 2754.
  • Susumu Shimada, Yuko Takeyama, Tetsuya Kogaki, Teruo Ohsawa, Satoshi Nakamura, Investigation of the fetch effect using onshore and offshore vertical LiDAR Devices, Remote Sensing, 2018, 10(9), pp.1408-1422.
  • Yuko Takeyama, Teruo Ohsawa, Susumu Shimada, Katsutoshi Kozai, Koji Kaguchi, Tetsuya Kogaki, Assessment of the offshore wind resource in Japan with the ASCAT microwave scatterometer, International Journal of Remote Sensing, 40(3), 2018, pp.1200-1216.
  • Takeshi Misaki, Teruo Ohsawa, Evaluation of LFM-GPV and MSM-GPV as Input Data for Wind Simulation, 日本風力エネルギー学会論文集, 2018, 42(4), pp.72-79.